第4の居場所“estage”

第1ステージ参加者の声

(30代女性、A.Tさん)

「エスタージュとはどんな講座ですか?」 と聞かれたならば、 「人が生きる!ことを感じる講座」 と答えると思います。

エスタージュに私が参加するきっかけは、友人からのメールでした。ARCAの設立意図やエスタージュの内容が書かれた添付ファイル付きのものでした。内容にざっと目を通して何となく興味は持ったのですが、具体的に何かを作る訳でもなく、資格の受験講座でもないのでこれに出てどうなるんだろう???と素朴な疑問と不安を持ちました。

後日、メールをもらった友人と一緒に参加したのですが、その疑問は解消されませんでした。
ただ、楽しかったのは確かです。何となく、エスタージュに参加して自分にプラスされる明確な物が見つからないまま、この疑問は第一ステージを終了した今でも解消されていない気がします。

でも、キャリア(人生)の講座というのはそうなるのかなと思います。
だって私は毎日「今日生きたら絶対私にはこれがプラスされる!」と信じて生きていないからです。
私の疑問はある意味、「何のために自分は生きているんだろう?」という疑問と同じなのかもしれないと思います。 その答えは死んでも解決しないかもしれません。でも人生は楽しかったと思う気がします。

曖昧な例えではわかりにくいと思うので、「具体的な雰囲気は?」 というと、身の回りのどうでもいい話でも重要な話でもを、思わぬ相手と自然にアルコールなしでできる。。。といった感じでしょうか?
「今日、電車におもしろいおじさんがいて。。。。」なんて井戸端会議的な話を大学生の子からその大学生を教える立場の大学の教授や社長さん、主婦の方もいれば、バリバリの会社員の方もいたりと。。。。。
そういった様々な人達と会話ができる。。。それはある意味、不思議な空間でもありますが、古き良き日本の夕食の風景にも重なります。何世代、何家族かの大勢が食卓を囲み、小学生の子の学校であった話を聞いたりそれに意見を言ったり、優しく見守ったりと 。。。

私はフリーで仕事をしているので、どうしても自分と似た部分を持っている方や、つきあいやすいタイプの方々と浅くおつきあいする事が多くなってきていました。学生や会社員の頃は苦言を呈してくれたり、応援してくれたりする様々なタイプの人に囲まれていたので自然にいろんな物の見方ができたりしていたのですが、最近は自分の考えが正しい!とか唯一!と思い込む事が多くなってきていました。

そんなときにいろいろな人とお話をするという事は、とても楽しい時間でした。何の利害関係もない方々と素直に自分の考えを安心して話せるという場はかけがえのない場ですし、そういう場所は、なくても生きていけそうですが、実は一番重要な場所かもしれません。多くの木が切り倒されて森林が減っていき、砂漠が広がっていくように自分の感じた事を素直に話したり、人の話に耳を傾けるという事が減っていくに従って人の心も潤いをなくしてギスギスしたり、空っぽになってしまうのはないでしょうか?

エスタージュに参加しても明確に得られるという物は何もないかもしれません。
自分が劇的に変化する事もないと思います。
ただ、皆が安心して話しができたり、聞けるという事が大切だなーと感じたときから自分なりのエスタージュが見つけられると思います。そんなほんわかした目的な講座です。

この文章を読んでよくわからないと思った人は一度、参加してみてください。そして、イヤだー!と思わなければまた来てみてください。
28回の講座が終わったときにエスタージュはこういうものなんだ!とわかった方からはその話を聞いてみたいですし、もしわからなかった方とは「でしょー!」と笑い合いたいです。

 

第2ステージ参加者の声

(大学3年生 男性 Y.Kさん)

就職活動を目前に控えて、多くの大人に出会い、触れることができ、自分とまっすぐ向き合うことができる機会、場所でした。学校の中での生活では、なかなか自分と向き合う機会がほとんどないと思います。しかし、その機会がestageにはありました。

そこで出会った人達に自分の考えや思いを口に出して語ること、これが自分と向き合う方法だと学びました。特に毎回のIce breakで色々なテーマで自己紹介をすることが、難しいのですが、自分の中を掘り起こしていく過程になっていて楽しい。楽しいからこそ、もっと自分を上手く表現したい!と思ってしまう。そうして何度もやっていく内に、気がついてみれば、自分がどんな人なのかわかってきたりします。

さらに、人生の先輩の話を聞いたりすることで、抱えている悩みが一つ一つクリアになったり、自分の知らない世界(職業観や新鮮な仕事事情など)を知ることができました。 
自分の知らない世界、自分の知らない自分を知ることができる。estageはそんな場所でした。

   

第3ステージ参加者の声

(20代 男性 T.Mさん)

複雑に考えていた私ですが、生きることは芸術、そして楽しむことだと感じました♪

できないことができるようになること、変化すること。

自分が無理だと思っていたことでもできるようになる。 
そんな人生の醍醐味を味わっていこうとARCAから学びました。

第4ステージ参加者の声

    

(40代女性 K.Fさん)

講座のお手伝いをしながら気軽に参加させてもらいました。一講座ごとに自分の中に無かった歯車がはまって行く感覚が印象的です。それまでただぼんやりもっていた想いや、自分では気づかないくらい根っこにあった考えが動き出して、夢を叶えながら生きる感覚が掴めました。

過去の成功も失敗も宝物になり、おばちゃんになってもおはあちゃんになってもワクワク生きていける自信が持てました。ありがとうございました。

 

Copyright(C)“ARCA”All Rights Reserved.